即興で紡がれる音楽の宮殿 国境を越えたラーガ&ターラ

Indian Classics Tokyo 2017

 

 

アメリカよりサロード奏者Steve Oda、タブラ奏者Ty Burhoeをむかえ、北インド古典音楽コンサート「Indian Classics Tokyo 2017」を開催いたします。
新緑香る 5月16日(火)19時スタート、杉並公会堂小ホールにて。
奥深い北インド古典音楽の魅力に、ぜひ触れてみてください。

 

Indian Classics Tokyo 2017

北インド古典音楽コンサート「天竺幻奏」

 

出演:Steve Oda(サロード)、Ty Burhoe(タブラ)
   寺原太郎(バーンスリー)、U-zhaan(タブラ)

 

日時:2017年5月16日(火)18:30 open 19:00start

会場:杉並公会堂 小ホール

予約 3000円 当日3500円(予定)
予約先:srgmpure@gmail.com(寺原)

※メールタイトルは「5/16コンサート予約」とし、本文にお名前、枚数、ご連絡先をご明記ください。

主催:チャンドニ・プロジェクト

 

出演者プロフィール

photo by Akira Iou
photo by Akira Iou

スティーブ・オダ Steve Oda http://steveoda.com/

 

 

サロード奏者。カナダ生まれの日系3世。7才からジャズギターを学ぶ。71年Ud.アーシシ・カーンに師事。73 年からアーシシの父であり伝説的 な音楽家Ud.アリアクバル・カーンに師事。98 年より2年間アリ・アクバル音楽大学のエグゼクティブ・プロデューサーとして勤務。アリ・アクバル・カーンを彷彿とさせる繊細で叙情的なサロードは世界中の音楽ファンを魅了している。米サンラファエル在住。2007年に初来日。以降ほぼ毎年来日し、インド音楽と舞踊の祭典サンギートメーラやIndian Classics Tokyoなどのコンサートに出演。2014年に寺原太郎とともに、念願だった祖父の生まれ故郷の瀬戸内海の島をはじめて訪ね、祖先の祀られている島の菩提寺で奉納演奏を行った。(旅の記録 https://sashima2014.jimdo.com/

タイ・バーホー Ty Burhoe
http://www.tyburhoe.com/

 

 

タブラ奏者。伝説のタブラの巨匠、ザキール・フセインの愛弟子であり、96年からザキールのアシスタントとして、またワールドツアーマネージャーとして活躍。インドの伝統音楽の伴奏者として世界中で演奏する一方、様々な文化の音楽と独特なコラボレーションをすることで、タブラという楽器の可能性を広げ、世界中から賞賛を集めている。 アカデミー賞を受賞したドキュメンタリー映画「ボーン・イントゥ・ボロセルズ」ではサウンドトラックを担当、ライブコンサートのプロデュースやレコーディングプロデューサーとしての広範囲にわたる経験からも名を知られる。ヨガと瞑想の修練を長年重ね、ネイティブアメリカンシャーマン(ヒーラー) に11年師事した経験を持つ。近年は尺八の小湊昭尚、津軽三味線の小山豊とのユニット「YO(謡)」のメンバーとして活躍注目を集めている。Tala Records 主催。

photo by Hideki Kurita
photo by Hideki Kurita

寺原太郎 Taro Terahara

http://srgmtaro.jimdo.com/

 

 

バーンスリー奏者。92年より巨匠ハリ・プラサード・チョウラスィア師の弟子である中川博志氏に、96年より巨匠ニキル・ベナルジー師の愛弟子H.アミット・ロイ氏に師事。06年より継続的にオーストラリアWoodford folk festivalに出演。07年坂本龍一プロデュース「ロハス・クラシックコンサート」、11年「Indian Classics Tokyo」出演。アニメ映画「手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ永遠に」(2011)、映画「るろうに剣心」(2012、2014)、スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」(2015)等で挿入曲を演奏。チベット音楽のテンジン・チョーギャル、タブラ奏者U-zhaan、ウード奏者常味裕司らと競演多数。インド、オーストラリア、南米、北米をはじめ国内外で演奏活動を行う。インド古典音楽の深い理解に基づく、叙情的かつダイナミックな演奏で、各方面より高い評価を受ける

U-zhaan(ユザーン)

http://u-zhaan.com/

 

 

タブラ奏者。オニンド・チャタルジー、ザキール・フセインの両氏からインドの打楽器「タブラ」を師事。2000年よりASA-CHANG&巡礼に加入し4枚のアルバムを発表。2010年に同ユニットを脱退後、U-zhaan × rei harakamiとして「川越ランデヴー」「ミスターモーニングナイト」等を自らのサイトから配信リリース。2014年には坂本龍一、Cornelius、ハナレグミ等をゲストに迎えたソロ名義のアルバム『Tabla Rock Mountain』を発表。2016年には映画『マンガをはみ出した男 赤塚不二夫』の音楽をU-zhaan + Shuta Hasunumaで担当し、ボーカルにタモリをフィーチャリングした主題歌が話題となった。2017年2月、蓮沼執太との共作アルバム『2 Tone』をリリース。