北インド古典音楽バーンスリー奏者寺原太郎のHPです

春爛漫!

Live Schedule

EVENT INFORMATION

4月12日(土)音や金時 インド音楽ライブ「春の甘い風が吹く夜に」

バーンスリー&タブラによる北インド古典音楽ライブ、美しい花の季節、甘い春のラーガをお届けします。

 

【出演】

寺原太郎(バーンスリー)

池田絢子(タブラ)

 

【会場】

音や金時 

杉並区西荻北2-2-14  B1F

Tel.03-5382-2020

 

※ご予約不要です。直接会場にお越しください。

 

 

地球をライブに旅しよう!「世界音楽紀行」千葉に世界の音楽がやってくる!

都賀にあるギャラリーオアシスで、寺原太郎がナビゲートする「世界音楽紀行」。毎月世界中のさまざまな音楽をご紹介しています。

    

世界音楽紀行 Vol.32
「インド 砂漠の舞」

ジャイサルメール音楽の村の生活と芸能

2019年4月13日(土)14:00〜15:30

 【出演】

madhu(ラジャスタニダンス、カルベリアダンスとお話)

寺原太郎(バーンスリーとお話)

 

 

世界音楽紀行Vol.33

『北インド古典音楽」

ムガル朝の庇護を受け発展した究極の即興芸術

2019年6月15日(土)14:00〜15:30

【出演】

寺原太郎(バーンスリー)

Ty Burhoe(タブラ)

寺原百合子(タンブーラ)

 

【会場】

ギャラリーオアシス 

千葉市若葉区都賀3-24-8 (恵泉の2階)

【参加費】一般2000円 中高大生1000円 小学生以下無料 ☆1drink付

 

【予約先】バザールヴィタギャラリーオアシス 043‐309‐8353(受付10:30~18:00 日曜休み)

 

「世界音楽紀行」HP https://oasisworldmusic.jimdo.com/

4月19日(金)倉敷の人気カフェ、スケアクロウでインド音楽!

瀬戸内海の小さな島にルーツを持つ日系3世カナダ人サロード奏者スティーブ・オダ。 日本人にして 海外でも数多くインド音楽を演奏するバーンスリー奏者寺原太郎。 そして京都在住の凄腕オーストラ リア人タブラ奏者グレン・ニービス。 ロック、ジャズ、民族音楽等さまざまなバックボーンを持つ3人 が音楽放浪の末たどりつき、人生をかけることになったのは、北インドの宮廷音楽でした。 悠久の音色に身をまかせ、国境を越えたラーガの魅力を美味しいコーヒーとともにお楽しみください。

 

 【出演】

Steve Oda (サロード)

寺原太郎(バーンスリー)

グレン・ニービス(タブラ)

 

 【日時】

419日(金)18:30 open 19:00 start music charge ¥2,500(with 1 drink)

 

 【会場】

Scarecrow スケアクロウ

倉敷市南町1-37

Tel.090-9502-8895

スペースに限りがありますので、ご予約ください。

4月20日(土)瀬戸内の小島、佐島でスティーブさん里帰りコンサート


明治19年、佐島の青年小田茂三郎氏が島を離れ単身カナダに渡る。130年あまりの時を経て今、日系カナダ人三世サロード奏者スティーブ・オダ氏が祖父の島で開催するインド音楽コンサート。海を越え、時を越えて奏でられる弦の響き。

 

【日時】2019年4月20日(土)14時〜16時

【会場】西方寺 (汐見の家から徒歩0分)

   愛媛県越智郡上島町弓削佐島299

 

【演奏】スティーブ・オダ (サロード)、寺原 太郎 (バーンスリー) 、グレン・ニービス (タブラ)

【料金】一般3000円 高校生以下半額

    宿泊セット: 10000円(ライブ、朝夕シェアごはん、宿泊)

 

問合せ、申込: DM、メール(shiomihouse@gmail.com)、

電話: 0897-72-9800(shiomihouse@gmail.com)、電話: 0897-72-9800

主催:汐見の家 http://shiomihouse.com/

5月11日(土)世界の音楽が千葉にやってくる!「オンガクノムラ」開催!!


オンガクノムラ 特設サイト https://ongaku-no-mura.jimdofree.com/

都会の喧噪の中に、ふとあらわれた「オンガクノムラ」 この日、この時間、この村に異国の音楽をかなでる楽師たちが世界中から集まり、1日限りの楽しい宴が催されます。

 

映画「るろうに剣心」、NHK大河ドラマ「龍馬伝」の挿入 曲を演奏したウード奏者常味裕司、佐倉市在住で国内のみならず本場ハワイでの演奏でも絶賛されてい るハワイアンシンガーのうすいなおこ、国内外のフェスティバルに招かれ国内のアイリッシュ音楽シー ンを牽引するJohn John Festivalをはじめ、ブルガリア音楽のヨルダン・マルコフ、マリ音楽のママ ドゥ・ドゥンヴィア、国内唯一のアフガニスタン音楽ユニットちゃるぱーさ等、国内のワールドミュー ジックシーンの中枢を担う素晴らしい演奏家が次々出演します。なかでも注目はラージャスターンから 来日する砂漠の音楽の民、Jaisalmer Beats。音楽の民として生まれついた4人が圧倒的なパフォーマン スで会場を大いに盛り上げます。ロビーでは千葉市内のキッズダンスチームが ダンサーMadhuの指導の もと、ラージャスターンのダンスに挑戦。独特のリズミカルな旋回舞踊を披露します。

 

●「オンガクノムラ」ひるさがりのコンサート 13:00~15:00(開場12:30)

John John Festival (ケルティック音楽) ヨルダン・マルコフ 他(ブルガリア音楽) 常味裕司 他(アラブ音楽)うすいなおこOhana Band(ハワイアン)

 

●「オンガクノムラ」ゆうぐれどきのコンサート17:00~19:00(開場16:30)

マルセロ木村TRIO (ブラジル音楽) ママドゥ・ドゥンビア(マリのコラ) 谷中琵琶style(薩摩琵琶)

Jaisalmer beats(ラージャスターン音楽)from India

 

前売り券:各回2,500円/通し券 一般4,000円、学生2,000円

当日券:各回3,000円/通し券 一般5,000円、学生3,000円

 

●地球バザール 於:アートホールロビー 12:00から閉場まで

  ミニライブ(観覧無料)15:00頃~16:30

   アフガニスタンの音楽(ちゃるぱーさ)

   キッズによるラジャスタンダンス(都賀の台triple☆T)

  南シベリア・トゥバの音楽 寺田亮平 

 世界の音楽の村写真展(井生明) 

 民族衣装を着てみよう!  世界の楽器に触れてみよう! 

 エスニック雑貨、CD販売  フード&ドリンクコーナー

 

【会場】千葉市文化センター アートホール

NEWS ARCHIVES

アフガニスタン音楽ユニットちゃるぱーさのライブレコーディングCDが完成!

 

多くの皆様からご要望いただいていたアフガニスタン音楽ユニットちゃるぱーさ、12年ぶりのCDが完成しました!昨年杉並公会堂で開催したコンサート「Clossing 文明の十字路」のライブレコーディング版です。音響の土肥真生さんの魔法で信じられないほど素敵な音に仕上がっています。

 

 

「CrossRoad」 ちゃるぱーさ

演奏:やぎちさと(歌、トンバク)、佐藤圭一(アフガンルバーブ)、寺原太郎(バーンスリー)、池田絢子(タブラ)madhu(ダンス)

photos:栗田英樹

サウンドエンジニア:土肥真生

販売価格:2,300円

 

 

ちゃるぱーさおよび寺原太郎の各コンサート会場、ライブハウス音や金時、響き床等で販売しています。

寺原太郎とTy Burhoeの NEW CD リリース!

Black Swan KALAHAMSA
北インド古典音楽

演奏ラーガ:カーラハムサ、バイラヴィ

演奏:

bansuri 寺原太郎

tabla Ty Burhoe

tampula 寺原百合子


Tala Records
¥2,500

※郵送でご購入希望の方は
srgmpure@gmail.com までご連絡ください。

2018年秋、アメリカで録音したCD「Black Swan」がついに完成しました!演奏ラーガはKala Hamsa とBiravi。タブラはザキール・フセインの愛弟子で長年の盟友であるTy Burhoeです。写真と解説たっぷりのブックレット付き、2,500円。お求めは寺原太郎のライブ会場か、音や金時、その他今後いろいろなところで扱いお願いする予定です。

TyのHPからはMP3のデジタルダウンロードも可能です。
http://www.tyburhoe.com/

 

ティラキタでの取扱いもスタートしました!
https://www.tirakita.com/Music_CD2/mcd_clsc_1943.shtml


音楽で参加したインドネシア映画「見えるもの 見えざるもの」が、映画祭でグランプリ受賞!

インドネシアの映画「The Seen and Unseen」(邦題「見えるもの、見えざるもの」原題 「Sekala Niskala」)でバーンスリーを演奏しました。

双子のタントラとタントリ、生と死、光と闇、バリ島の子どもたちを美しく捉えた詩的な映像の作品です。

 

監督:カミラ・アンディニ(インドネシア、オランダ、オーストラリア、カタール)2017年/86分

音楽監督:森永泰弘

 

11th Asia Pacific Screen Awards(ブリスベン)Best Youth Feature Film 受賞 

Tronto International Film Festival(トロント)プレミア上映

第18回東京フィルメックス(東京)グランプリ受賞

ベルリン映画祭2018  Generation Kplus部門 グランプリ受賞 

ダッカインターナショナルフォークフェスティバル2017に出演しました!

ダッカ インターナショナル フォークフェスティバル FaceBook ページ

3年前にスタートしたこのフェスティバルはダッカのアーミースタジアムで行われており、来場者数は4万人に上るとか。テンジン、たろう、シェン、マルチェロが2017年11月9日に出演、約1時間演奏しました!

当日のライブストリーミング。2時間8分のあたりから映像による紹介があり、そのあと演奏が始まります。(一部音声が途切れます)

映画「Bringing Tibet Home」にバーンスリーが使われています

ニューヨーク在住のチベット人アーティスト、テンジン・リグドル氏が挑戦したのは、チベット本国の土を、インドのダラムサラに運び、故郷を思う人々にチベットの土を踏んでもらうことだった・・・。

その壮大なプロジェクトに賛同し、カメラを回し続けたテンジン・ツェテン・チョクレイ監督によるドキュメンタリー映画「Bringing Tibet Home」(2012)。全編テンジン・チョーギャルの音楽が流れてますが、寺原太郎のバーンスリーも使っていただきました。
2016年9月に日本初上映された際には、テンジン・ツェテン・チョクレイ監督がニューヨークから、テンジン・チョーギャル氏がオーストラリアから来日。太郎も参加して上映会にあわせ、ミニライブとティーチインを各会場で行いました。


四代目市川猿之助のスーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」にバーンスリーで参加

2015年10月7日スタートの四代目市川猿之助さんによるスーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」にバーンスリーで参加させていただきました!

「スーパー歌舞伎Ⅱワンピース」

ライナーを担当した追悼アルバムが発売されました

昨年12月に亡くなったマイハールガラナの巨匠、ラビ・シャンカールの2枚組追悼アルバムで、サラーム海上さんと一緒に解説を担当しました。

「永遠のラヴィ・シャンカール」(2枚組)
2013年04月24日発売 2,800円(税込)

EMI records Japan 

 

映画「るろうに剣心」で挿入曲を演奏

佐藤健主演の映画「るろうに剣心」で、挿入曲を演奏しました。

映画「るろうに剣心」公式HP 

 

☆こちらのメイキング映像でも音が使われています!

 

NHK-BS のほっと@アジアに出演しました!

去る2012年4月16日、NHK-BSのほっと@アジアに出演し、インド音楽についてお話ししました。

生演奏も披露しています。

(当日の様子は、右の画像をクリックしてみてください。)

 

Jump to Taro's ・・・